バイナリーオプション海外・日本業者比較ナビ

口座開設&入金で【Amazonギフト券】をプレゼント!

Yバイナリー 税金について

Yバイナリー(Y BINRY)で得た利益に課税される税金について、ご説明してい
きたいと思います。

 

バイナリーオプションで取引して利益が発生した場合には所定の税率にそって
税金を納める必要があります。
海外のバイナリーオプション業者で取引して発生した利益に関しては、
雑所得の総合課税が適用となります。

 

雑所得とは?
給料等、所得に入らない「副業やその他の所得」という意味です。
総合課税とは?
バイナリーオプションの取引で発生した利益を他の所得と合算し、
控除額等を差し引いた上で課税することです。

 

※確定申告は「年間20万円以上」の収入があった場合に必要となります。
しかし、場合によっては、年間の雑所得が20万円以下であっても
申告しなければならない場合もあります。

 

・給与が2000万円以上ある場合
・勤めている会社外から給与所得や退職所得以外の所得がある場合
・二つ以上の会社から給料を貰い、給与所得や退職金以外の所得額が20万円
を超える場合

 

必要経費
バイナリーオプションの利益に対しては必要経費が認められています。
必要経費として計上する為に必要ですので、経費の領収書は保管しておきましょう。

 

(対象となる経費)
取引に使っているパソコン代、 入金のための振込手数料、 参考書籍や雑誌、
セミナー代、文房具代、その他(取引における必要経費)

 

(例)バイナリーオプションで得た利益が23万円で、
必要経費が5万円かかったとします。
23万円−5万円=18万円 20万円以下となるので
課税対象にはなりません。

 

※確定申告の必要がない場合でも、バイナリーオプションの関係書類は、過去
5年分は全て保管しておきましょう。

 

課税率は所得額の合計によって異なります。
所得額の合算による税率の違いは、以下のとおりです。

 

(平成25年8月現在)
195万円以下:5% (控除額0円)
195万円超?330万円以下:10% (控除額 97,500円)
330万円超?695万円以下:20% (控除額 427,500円)
695万円超?900万円以下:23% (控除額 636,000円)
900万円超?1800万円以下:33% (控除額 1,536,000円)
1800万円超:40% (控除額 2,796,000円)

 

(総合課税の計算例)
取引で得た利益30万円 必要経費3万円 その他の所得が350万円の場合  
30万円−3万円+350万=377万円
合算した合計額は377万円になります。
      ↓
3,770,000円×20%−427,500円=326,500円
そこから、税率をかけて控除額を引いたものが、支払うべき税金となります。

 

※Yバイナリーでは年間の損益計算書を作成する事も可能です。
(トレード履歴を元にした)損益計算書を作成して、メールで送ってもらうこ
とができます。必要な場合は、日本デスクカスタマーサポートまでご相談くだ
さい。

 

※確定申告を行なう上で、必要経費の対象となるか否か、算出法等は個人によ
って異なります。
また今後の税が改正される場合もありますから、不明な点はあらかじめ税理士、
税務署にご相談されることをお勧めします。

 

 

最後に税金について、ポイントをおさらいしましょう。
●バイナリーオプションの取引にかかった必要経費は領収書をとっておく
※経費と思われるものはすべて領収書をとっておきましょう。
●利益額、損失額の記録をつけておく
●不明な点は専門家の税理士・税務署にて相談しておく

 

 

是非、ご参考ください。

 

現在「Yバイナリー専用マニュアル」を無料進呈中!!

 

また、Yバイナリー&当サイト、タイアップボーナスキャンペーン!
更には、当サイトからの初回入金手続き完了で3,000円分の商品券プレゼント♪
Yバイナリー 税金について

 

Yバイナリーの公式サイトはコチラ▼
Yバイナリー 税金について

 

Yバイナリー・スペシャル特典に関するご案内詳細はコチラ▼

バイナリーオプションの入金でプレゼントゲット!

Yバイナリー 税金について